【パーレー法】カジノでマーチンゲール法と組み合わせた期待値を検証


【パーレー法】カジノでマーチンゲール法と組み合わせた期待値を検証

パーレー法について

実用度:
勝つたびにベット数を2倍にしていく攻略法です。マーチンゲール法と正反対のベットの仕方をするため「逆マーチンゲール法」とも呼ばれています。少ない資金でも利用可能な点は魅力ですが、何連勝しても最後に負ければ今迄の勝利がすべて台無しになり、マイナスが発生します。。。

 

このページでは、オンラインカジノで人気のマネーシステム(資金管理方法)であるパーレー法の使い方やポイント、有効なゲーム、メリット、デメリットについて説明します。

 

また、パーレー法とマーチンゲール法を組み合わせることによって、弱点を補いつつ、より勝率を上げる方法も紹介していきます。

 

ページの後半では、ルーレットとブラックジャックでパーレー法の勝率を検証していますので、そちらも参考にしてください!

 

 

パーレー法とは?

パーレー法は、ゲームに勝利したときに賭け金を倍にする手法です。負ける度に賭け金を倍にしていくマーチンゲール法と正反対の動きをすることから逆マーチンゲール法とも呼ばれます。

 

もともとバーレー法はスポーツベットを楽しむ人に親しまれてきた攻略法ですが、現在はスポーツベットに限らずに様々なギャンブル愛好家から愛されています。

 

なおパーレー法は勝率が50%で配当が2倍のゲームで利用されることが多いです。

 

パーレー法の使い方

パーレー法が有効なのは、勝率が50%で、配当が2倍のゲームです。

 

なお厳密に50%でなくても、近い数値であれば問題ありません。おすすめなのは次の3つのゲーム(配当)です。

 

  • ルーレットの赤・黒
  • バカラ
  • ブラックジャック

 

どれも勝率は厳密には50%ではありませんが、パーレー法を利用可能です。勝つたびにベット金額を倍にしていくだけです。

 

例えば、最初のゲームを1ドルベットでスタートして勝てば、2ゲーム目は2ドルをベットします。そして2ゲーム目で再び勝てば、3ゲーム目は4ドルをベットします。

 

もし、3ゲーム目で負けてしまった場合、ゲームを止めるか1ドルベットから再スタートです。

 

パーレー法は、「予め止め時を決めておく」のがポイント

パーレー法は、仮に100連勝しても101ゲーム目で負ければ損失が発生します。

 

そのため最初に何連勝したらゲームを終了するのか予め決めておくのがポイントです。ちなみにパーレー法を使って5連勝する確率は3%程度です。

 

スリルがある勝負をしたい方は良いですが、比較的安全にオンラインカジノを楽しみたいという方は、3〜4連勝で止めることをおすすめします。

 

パーレー法のデメリットとメリット

パーレー法のデメリットとメリットを紹介していきます。

 

パーレー法のデメリット

パーレー法を利用する最大のデメリットは、「一回でも負けると今まで積み上げてきた利益が全てなくなる」という点です。

 

前述した通りパーレー法では何連勝しても最後に1回負けてしまえば損失が発生します。5勝して6ゲーム目で負けた場合の損益は次の通りです。

 

ゲーム数 勝敗 賭け金 利益 累計損益
1 勝ち 1 1 1
2 勝ち 2 2 3
3 勝ち 4 4 7
4 勝ち 8 8 15
5 勝ち 16 16 31
6 負け 32 -32 -1

 

このように最後に負けてしまえば、これまで積み上げてきた利益が全てなくなるため、しっかりと辞め時を見極める必要があります。

 

パーレー法のメリット

 

  • 少ない資金でも大きな利益を狙える
  • 資金が増えるスピードが早い

 

少ない資金でも大きな利益を狙える

上で5連勝した場合の資金のシミュレーションを行いましたが、パーレー法を利用すれば最初の賭け金が1ドルでも、5連勝後には31ドルもの利益を得ることが可能です。

 

もし最初のベット金額が5ドルなら5連勝後の利益は155ドルです。さらにもし6ゲーム目で負けてしまっても損失は5ドルのため、大きな損失とはなりません。

 

このように少ない資金でも連勝できれば、低リスクで、大きな利益を狙えるのがパーレー法の魅力的です。

 

資金が増えるスピードが早い

資金が増えるスピードが早いのもパーレー法のメリットです。パーレー法では最短5ゲームで30ドル以上の利益を得られます。

 

しかし普通に1ドルずつ2倍配当のゲームをやると、最低でも30ゲームはプレイしなければ30ドルの利益を得ることはできません。

 

資金が素早く大きく動くのはパーレー法の魅力の1つです。

 

パーレー法とマーチンゲール法を組み合わせる

パーレー法は単体で使われることが多いですが、「マーチンゲール法」と組みわせて利用されることもあります。マーチンゲール法と組み合わせることで、パーレー法の欠点を補うことが可能です。

 

パーレー法とマーチンゲール法を組み合わせる意味

マーチンゲール法は負ける度に賭け金を2倍にして、最後に1勝できれば全ての損失を補ったうえで利益が発生する手法です。

 

そこでパーレー法で設定した連勝回数を達成する前に負けてしまった場合にマーチンゲール法を利用することで損失を補填します。

 

先ほどのシミュレーションで、7ゲームからマーチンゲール法を利用すると次のようなシミュレーションになります。

 

ゲーム数 勝敗 賭け金 利益 累計損益
1 勝ち 1 1 1
2 勝ち 2 2 3
3 勝ち 4 4 7
4 勝ち 8 8 15
5 勝ち 16 16 31
6 負け 32 -32 -1
7 負け 2 -2 -3
8 負け 4 -4 -7
9 負け 8 -8 -15
10 勝ち 16 16 1

 

7ゲーム目からマーチンゲール法(負けるたびにベット額を倍にする)を利用したので、最初のベット額1ドルの2倍の2ドルベットからスタートします。

 

8ゲーム、9ゲームも負けたのでベット額を倍にします。10ゲームで勝利し1ドルの利益が出ました。このようにマーチンゲール法を利用することで、パーレー法で発生した損失を補うことが可能です。

 

もちろん連敗することも考えられます。しかし資金がもち、最後に勝ちさえすれば、利益が発生するのがマーチンゲール法です。

 

パーレー法に挑戦して設定した回数だけ連勝する前に負けてしまったら、マーチンゲール法に移行しましょう。

 

パーレー法とマーチンゲール法の組み合わせを実践してみた

パーレー法をルーレットとブラックジャックで実践してみました。資金は30ドルです。最初の賭け金は1ドルで、パーレー法の目標連勝数は3回とします。

 

まず初めはルーレットから実践していきます。なお今回利用するのはベラジョンカジノの「red tiger’s roulette」です。

 

パーレー法の実践【ルーレット】:1回目

 

1ゲーム目は赤にベットしました。今後も赤に賭け続けます。

 

 

ボールが赤のマスに止まり1ゲーム目は勝利です。

 

 

パーレー法の実践【ルーレット】:2回目

 

1ゲーム目で勝利したため、2ゲーム目では赤に2ドル賭けました。

 

 

しかし残念ながら2ゲーム目は黒に止まったため、パーレー法は失敗です。

 

 

パーレー法×マーチンゲール法の実践【ルーレット】:3回目

ここからはマーチンゲール法を始めます。現在1ドルの損失が発生しているため3ゲーム目は2ドルベットします。

 

赤に2ドルベットしましたが、残念ながら黒に止まってしまいました。今回の賭け金は2ドルだったため、次の4ゲーム目は4ドルをベットします。

 

 

パーレー法×マーチンゲール法の実践【ルーレット】:4回目

 

4ドルを赤にベットしました。マーチンゲール法は資金に限界がくれば破綻するため、賭け金が増えていくとかなりストレスです。

 

再び黒に止まりました。これで合計7ドルの損失です。次は8ドルをベットします。ここまですでに3連敗しています。

 

勝率を50%とした場合に4連敗する確率は約6%です。もし次も負ければかなり運が悪かったということでしょう。なお現在の残高は22ドルのため、次負ければ、その次はありません。

 

パーレー法×マーチンゲール法の実践【ルーレット】:5回目

 

赤に8ドルベットしました。これで負ければ資金がパンクです。。。

 

止まったのは黒のマスです。4連敗するのも、4連続で黒に入るのも6%程度の確率ですが、その6%の確率の事象が起きてしまいました・・・(;´д`)

 

パーレー法もマーチンゲール法も有効な攻略法ではありますが、資金の余裕を十分に持たないと、ギャンブルなので今回のようなことも起こります。負ける(連敗する)確率が低くても、甘くみないように注意してください。

 

ルーレットでパーレー法を使った実践結果

ルーレットでパーレー法を実践した結果、次のようになりました。

 

【パーレー法の収支まとめ】

ゲーム数 勝敗 賭け金 利益 累計損益
1 勝ち 1 1 1
2 負け 2 -2 -1
3 負け 2 -2 -3
2 負け 4 -4 -7
2 負け 8 -8 -15

 

ブラックジャック編

ブラックジャックでもパーレー法を実践します。目標連勝数は3です。なおブラックジャックはベーシックストラテジーを利用してプレイを進めていきます。

 

ベーシックストラテジーとは、ブラックジャックの各ゲームの勝率を上げるためには、いつスタンドして、いつヒットするべきなのか表にまとめたものです。

 

その表を見れば自分がスタンドするべきかヒットするべきかわかります。詳しくは以下の記事で紹介しているので、参考にしてください。

 

オンラインカジノのブラックジャックのルールと攻略法を紹介

 

今回実践に利用するのはベラジョンカジノプレイできる「Infinite Black Jack」です。

 

パーレー法の実践【ブラックジャック】:1回目

 

まずは1ドルベットしました。最初のカードは10です。

 

 

2枚目は8で現在の合計は18です。スタンドします。

 

 

相手のカードの合計値は17です。勝利しました。

 

パーレー法の実践【ブラックジャック】:2回目

 

パーレー法に従って次は2ドルをベットします。

 

 

最初の2枚の合計が11だったため、ヒットします。

 

 

3枚のカードの合計が21となり、勝利しました。2ドルの利益です。

 

パーレー法の実践【ブラックジャック】:3回目

次のゲームではパーレー法に従って、4ドルベットすることになります。このゲームに勝てば、目標の3連勝が達成できるため、パーレー法は終了です。

 

 

4ドルベットしました。

 

 

最初の2枚のカードの合計が20でした。かなり運がいいです。当然スタンドします。

 

 

ディーラーはバーストしたため、勝利が決定しました。見事3連勝し、パーレー法成功です。

 

ブラックジャックでパーレー法を使った実践結果

ブラックジャックでパーレー法を実践した結果、次のようになりました。

 

ゲーム数 勝敗 賭け金 利益 累計損益
1 勝ち 1 1 1
2 勝ち 2 2 3
3 勝ち 4 4 7

 

ルーレットの実践で15ドルの損失を出したため、ブラックジャックの実践で7ドルの利益がでましたが、8ドルの損失が残ります。

 

しかしルーレットで損失が出た大きな原因は、マーチンゲール法を開始してから2ゲームしか耐えられなかった資金力と、1ゲーム目の賭け金設定のミスです。

 

賭け金設定を間違えなければ、パーレー法は十分に有効な攻略法と言えるでしょう。

 

オンラインカジノのパーレー法まとめ

本記事ではオンラインカジノで利用できるパーレー法を紹介してきました。パーレー法を効率的に利用することで少ない資金でも大きな利益を狙うことが可能です。

 

しかし実証したように場合によっては、マーチンゲール法と組み合わせても破綻する可能性があります。資金には十分に余裕を持って、パーレー法を利用してください。

 

オンラインカジノで無料ボーナスを使ってパーレー法を実践してみては?

このページでは、パーレー法の使い方や有効なゲーム、メリット、デメリット、マーチンゲール法と組み合わせについて説明してきました。ここまで理解していただければ、すぐにでもオンラインカジノでパーレー法の実践に入っていただけるでしょう。

 

オンラインカジノなら登録するだけで登録ボーナスが付与され、そのままプレイ可能です。登録ボーナスは簡単な日本語登録だけ30〜50ドルがもらえます( ´艸`)

 

登録ボーナスの中でプレイすれば、万が一パーレー法を使って破綻してもマイナスにはなりません。まだ登録していない方は、是非、オンラインカジノの登録ボーナスを有効活用してください!

 

 


関連ページ

マーチンゲール法
オンラインカジノでマーチンゲール法は有効なのか?使い方や有効なゲームについて。
モンテカルロ法
オンラインカジノでモンテカルロ法の期待値を検証しました。
グットマン法
日本語対応で安全に安心して遊べるオンラインカジノを紹介していきます。ぜひ参考にして自分にピッタリのカジノを見つけてください!
2in1法
オンラインカジノでおすすめの必勝法をゲームごとに期待値を検証しました!